『魂のうた』や『癒し』について

実感のわかない言葉や音を
できるだけ使わないでいたいとおもっていることもあり
いろいろなよくわかんない概念を
排除してうたを作ってきたつもり

なのでひとを癒してあげたいなどと
考えたことはなくて
一貫して
『音楽を聴いて癒されてくれたのなら
癒されたあなたが偉い』
というスタンス

PT-30 VSS-200

『魂のうた』
みたいに言われることもあるけれど
魂のなんたるかがわからないし
おれには魂はないと
いまのところ思ってたりする

おれはおれの望むうたを
共有したい一心でやってるだけで
聴き手のかたの持ってるいいものが
それに共鳴してくれてるだけだと思ったり

しかしそういうはなしは
作り手のエゴでもあり
そう受け取ったひとが存在する以上
それはそういうものなんだとも言えるし
そうだったら嫌かというとそうでもなく
むしろありがたいので

受け取れる方は今後も
癒されて 魂を感じてくださいねー

関連記事一覧

コメント

    • 架間 太陽
    • 2012年 10月 23日

    癒されたおかげで若返りましたw

    • カミオカンデ スミ
    • 2012年 10月 23日

    高山さんの歌は音楽と一体になって聴こえます。私の癖ですが、歌詞だけを聴くことがないので、未だ山作戦の曲の歌詞は一つも覚えていませんが、いい曲だなって聴いてます。

    • 大賀 正裕
    • 2012年 10月 23日

    難しい事は分かりませんが、曲が好きだから聴くそれだけの理由で十分かと。

  1. 共感の世界が存在していることに癒しよりも喜びと安心感を感じています。
    山作戰さん、言葉にならない僕の中のモヤモヤをアウトプットする術をくれて、ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は山作戰の目にとまらず葬り去られてしまいます ご注意を!

PAGE TOP