医者育成ゲー

TwitterやFacebookにも
書いたんですが
昨日の午前中から
録音をしていて右耳が聴こえづらく
耳鳴りもしていたので
今朝一番で耳鼻咽喉科に行って来ました

聴力検査は異常なし
一般よりすこしいいくらいとのこと

検査結果の反応のグラフを見ると
右耳の四キロヘルツのところが
すこしくぼんでるのが気になりましたが
異常を示す線よりはずっと上だったので
多分大丈夫とのこと

耳鳴りと聞こえづらいと感じたことの
原因は見当たらないけれど
扁桃腺の炎症があり(毎年恒例)
それの影響かも知れないそうです

薬をもらって様子をみて
改善しなければまた来て下さい
とのことでした

これは文句や批判みたいな意味ではなく
そりゃそうだよなぁ
って思ってることなんですが

まえからこの先生に
自分の職業のことを伝えて
それに支障が出ていると伝えるんですが

うたをうたう喉のこと

録音したものの調整をする耳

みたいなもののイメージが
うまくわかないみたいで

声の調子がおかしくて診てもらっても
「異常は見当たらないんですけどねー」
って感じだったりする

たぶん死なないし
しゃべって困ることもない

『普段の生活に支障がない』を基準に
『大丈夫』が設定されているんだろうなぁと…

スピカ

今件も
ひとよりは聴こえてるわけですし
東京のように芸事なんかをしてるひとが
うじゃうじゃいるわけじゃない

どのくらいの精度で聴くのかなんて
想像しろという方が無理な話なんですよね

先生に無理なお願いをしてるのは
わかってるんですが
静岡にそういう
モノ好きなことしてる先生がいるのか不明だし

先生を育てる

なんていう迷惑な目論見を
ちょっと妄想したりも しています

迷惑以外のなんでもないだろうなぁ…

ともあれ一部のおともだちに
心配してもらいました
うれしかった

引き続き気をつけますぞな!
ありがとう

関連記事一覧

コメント

    • 松田力
    • 2012年 11月 06日

    自動車整備の会社とF1のエンジニアとか、比較するような難しさかしら〜

    • 近いかも知れません!
      車検通ってますから速いですよ!
      って言わないのとか(笑)

      ひとの耳ってかならず
      歳をとるとポンコツになるみたいなんですが
      技術や経験があるひとは
      ポンコツになりながらも
      ちゃんと調整できるようなんですね

      おれは技術も経験も途中なこともあり
      できるだけいい状態にしておかないと
      なんだかわかんないんだと思います…

    • 松田力
    • 2012年 11月 06日

    聞く側の素人のオイラとすれば、とりあえずステレオの真ん中に座っていると嬉しいんだけど、作る側にすれば、部屋の左右の環境が違うじゃないか!それじゃぁ、ちゃんとした音にならないよ!とかあるんじゃないかなぁとか、素人でも耳の良い人が、あっ、かすかに何かしらの音が聞こえるよね?って言われても、ん?ん?って判んないオイラの耳は耳掃除したばっかでもこんなもんかーとか、想像はできるw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は山作戰の目にとまらず葬り去られてしまいます ご注意を!

PAGE TOP