これからはブログやで!!北海道と東海道 おわる

「これからはSNSも大事やけどブログやで!!」
と社長がめずらしく熱心にFacebookメッセンジャーで書いてきまして
それSNSじゃん!

img_2163.jpg再開発でシッチャカメッチャカの東京渋谷を通ってるところ

さておき 山作戰の活動としては初の 飛行機による行脚 そして初の冬の北海道という初づくしの旅から帰った翌日が 去年のあたまから出演させてもらってる静岡SBSテレビの人気番組 『Soleいいね!』で担当していた特集コーナー『俺の東海道』の最終回を人生初の生中継でお送りするという
こんな歳にもなって こんなに初が重なるのもめでたいので まずはグラスを持っていただいて 乾杯!!

img_2174.jpg夜明け前に千葉へ入る

『俺の東海道』の終了は打ち切りではないですよ 念のため
最初から 『静岡県内の旧東海道の宿場跡を回る』 という企画だったので 三島から始まって白須賀で終わると決まってたんです
ってわざわざ書くとなんだか言い訳っぽいけどほんとなんですって

なんかかっこつけてる整備の方なんかかっこつけてる整備の方

さらに春の改変からSoleいいね!への毎週月曜日のスタジオ出演もなくなり 「日曜日も呑めるじゃん!」ということでめでたや!
何度も恐縮ですが グラスを再度掲げていただいて 乾杯!!

img_2195.jpg成田空港の滑走路を北から南に走って離陸 方向転換する

そんなこんなで一年間 大切な週の頭のスタジオレギュラーをやらせていただきましたが だれからも一度も「こうした方がいい」みたいなことを言われたことがなく 叱られもせずにほっこりと終わりました
これだって産休の原田亜弥子さんの穴埋めで入ったんですから はずれるのは決まってたんですからね
ホントですから
ホントだって

img_2396.jpg旧北海道庁 開拓史時代を見てきた建物にぞっこん すべてに風格があってしびれまくりました

そうやっていろいろおわったあとのわたしは 社長が書く『昨日の山作戰』では”一日中篭りっぱなしの週末“って題で書かれてました
というのも ずっと導入したかったソフトが 『前のバージョンを持っていると現行のバージョンが安くなる』という小癪なシステムになっており ぐだぐだ悩んだまま北海道へ
その北海道で教育界に潜伏している悪の山作員Yというひとに夜中「のむべや!」と呼び出され ノコノコと顔を出したことであうことができた山作員でもあるプロカメラマン Iさんがその該当するバージョンを手放そうとしてることが判明!!
日本酒と牡蠣を食べて機嫌がよかった社長が「買うべや!」と言い商談成立 受け取って帰ってきたのでした

img_2502.jpg夜中の呼び出しの翌日 呑んでいるところへ現物を持ってきてくれた悪じゃないほうの山作員さん

それをいじって数日
本日まで 以前作った音源のピアノの音を入れ替えたりして やっと使い方もなんとなくわかってきまして
[ダウンロードが見つかりません] こんな風になったんですが 前のバージョンは聴いてくれてたかしら

img_2252-2.jpg美瑛でいつもお世話になる 社長がどうも兄夫婦だと思ってる山作員の方と北の恵み

今回の北の旅はじまりは
「冬の北海道も見てみたいし 今年8月6日のわたしの誕生日を静岡での大きなライブにぶつけたいから夏の北上はできない」
と社長が高らかに宣言したことから決定いたしました

img_2326.jpg美瑛を離れるところ 旭川のバスのりばまで送ってもらった

たしかにここのところ毎年 夏の旅の途中で歳をとるわたし 去年の誕生日も秋田の地で 温泉施設の駐車場の暗がりの車中泊で迎えたんだった…
ミュージシャン的なひとは普通そこ バースデーライブとかやって ワイワイするわけでしょう?
今年くらい地元しぞーかでもりあがりたいっけ!ってことでこ の冬行脚企画がはじまったのでした

img_2332.jpgずいぶん溶けたという雪に我々は十分にはしゃいだ

しかしいつもの夏行脚のように クルマで秋田を経由して青森の大間港まで行き 函館から上陸する的なコースは 冬場雪の 降らない静岡でしか運転をしたことがない社長には無理
(私髙山は諸事情により免許を取得したことがありません)
ってことで 社長がいろいろ調べて工夫をして経費を削減するために選んだのは 静岡蒲原の髙山堂から成田空港までクルマで行き そこからジェットスターで新千歳へなにせ飛行機代が格安なので 手荷物を預けるとお金がかかるという…

img_2457.jpg来道企画 札幌の部は特にこのひとなしでは絶対に無理!という 同学年の方

なので夏行脚ではクルマに積んでいたスピーカーやミキサー 予備のギターなどは今回全部端折って現地で借りることにしたものの ギターや機材があるので追加料金はいたしかたなし
これにガソリン代や高速の料金 成田空港の近くでクルマを預けるお金などを入れても これが一番安いとのことで採用

img_2300-1.jpg「よそんちカーニバル」に集まってくれた「おれんちカーニバル」の関係者のみなさん

しかも 美瑛で行ったライブの打ち上げのあと 去年一昨年と夏に出演している「おれんちカーニバル」の実行委員のみなさんにつぶらな瞳で
「夏 たのしみにしてます!」
って言われ さらには静岡誕生日ライブの会場をおさえるのを忘れていていまからではライブそのものの実現が無理だとわかったことを誤魔化したい一心で社長が夏の来道を発表

img_2357.jpg札幌狸小路で毎回一緒に写真を撮る熊さんたちと 冬の蝦夷地をなめていたわたしに美瑛の兄がくれたお尻まで暖かな上着

今回道内では山作員の方がほとんどの移動にクルマを出してくださり それ以外は高速バスでした これが大変快適だったようで「もう普通の陸路には戻れない」などと言い出していますが 夏の訪問が恒例になっていて山作員の方も多い秋田はどうする気なんでしょう?飛行機で別途?

img_2532.jpg成田から社長が運転 富士川のインターチェンジを降りたときの霜降りみたいな空

さらにいつもよくしてもらってる横手市は秋田の飛行場から遠いらしく秋田駅からも激遠いらしい
移動時間や予算もかさみそうで もうよくわからない なので

img_2507.jpgこの旅ではじめて知ったラーメンサラダ 食文化が多用で深いぞ北海道

「夏行脚の前に考えよう」
と先送りにして現実逃避している状態の社長なのでした

関連記事一覧

PAGE TOP