【昨日の山作戰】2018.11.07 熊本をお散歩、ポニーのポニーとキャニオン(仮名)に初めて触り遊ぶ夕暮れ、長生きしてね。

音源を期間限定で無料進呈している「バ ラ カ ン」のダウンロードが210を超えました。まだ聞いてない方は是非。ツイートなどでますます広めて下さるとうれしいです。

昨日の山作戰髙山はやっと実家でゆっくり過ごしました。
私はたまっている事務仕事をして、髙山は依頼されている曲を作ってました。
髙山の父はもう退職して庭で畑仕事などをしているし、ゆっくりと家族で過ごす時間は贅沢でした。

夕方には父親がいつも散歩している立田山まで一緒に散歩にいきました。
途中晩白柚がなってたりと熊本らしい景色が見られて嬉しかった。

立田山までの景色はなだらかな山の住宅地の隣に突然深い森が続いたりして、静岡の景色とはまた違う楽しみがあります。
とっても気持ちよかった。


森からの帰りには帰郷するといつも会いに行くポニー、「ポニー」と「キャニオン」に会いに行ってきました。この名前は勝手に私たちが呼んでいるだけで本当の名前は知りません。

いつもいる小屋に行くと二頭とも留守。近くで作業をしていたおねえさんに聞くと橋を渡った先の畑にいるとのことで訪ねてみました。


初めて二頭に触ることができて、餌をあげたりと遊べました。
すごく人懐っこくって可愛かったです。
髙山は生き物が大好きなので、よしよしと撫でてました。
しばらくポニーキャニオンと遊んでいると飼い主の方がいらして髙山が挨拶。
話しかけました。

動物病院からもらってきたそうで今18歳の夫婦。
もらってきた当時は可愛がりすぎて、人間が食べるニンジンやトウモロコシなどを沢山あげていたらヒヅメが壊死してきたとのことで今は草だけあげているようです。
帰ってきてポニーの寿命を調べてみると30歳と出てました。あと10年以上はあえるなあと思いました。

関連記事一覧

PAGE TOP