【昨日の山作戰】2018.11.12 進藤さん漬けの熊本最後の夜、昼夜ダブルヘッダーの進藤さんの生き様ロック!

山作戰マネージャー鳩子です。
いま熊本から帰る途中宝塚に寄っています。

昨日撮った動画です。

熊本最後の夜、一昨日の山作戰‪髙山‬はこの旅最後の目的、進藤久明さんのライブのゲスト出演でした。
この日の昼間、進藤さんが合志町というところの総合ホールヴィーブル文化ホールで行われた復興支援コンサートに出演されるのを観に行きました。
地元のブラスバンド部の子どもたちの演奏のあと、進藤さん出演。

ロックが中心のイベントなのに異様な雰囲気。
客席はみんなかしこまっている感じの中進藤さんが登場。客席をほぐしていきます。

シンプルで暖かくてコールアンドレスポンスで盛り上がれる曲で温まっていく客席。
髙山は横で「すごい」と連発して喜んでいました。

途中私達の姿を見つけてくれていた進藤さんが髙山をステージへ呼んでくれました。
今日の夜一緒にライブをするよと言ってチューニングの間ということでマイクを渡される髙山。
進藤さんのおかげでいつもの調子で楽しくしゃべれました。

後半も盛り上がりました。
進藤さんの曲がCMやラジオのキャンペーンでも使われているのも納得できるひとなつっこい言葉とメロディーにうきうきしました。

そして夕方。
アプリで間違った場所に行きそうになっているのを助けてもらいながらたどり着いた場所は、熊本のおまち、花畑町のレストランバー、Zi:(ジー)。‪
開店して32年の老舗で、熊本の音楽のひとたちが集ってきたお店。32年といえば髙山‬が高校生の頃にできたことになります。

私が進藤さんに「熊本で一緒にライブをしたい」とお願いして、進藤さんが快諾して下さったことで実現したライブ。
進藤さんが歌われる時間を前半と後半に分けて、盛り上がったところで呼び込んでいただき山作戰の演奏。

お昼のステージでは聴けなかったものも含めて進藤さんの熊本弁ロックを堪能しているファンの方はみなさん暖かく、お昼のステージにいらした方も含めて髙山を迎え入れて楽しんで下さいました。


打ち上げでも沢山語って、楽しかったのはもちろん、髙山は地方から音楽を発信するひととして表現をするひととして今後進む参考になる時間だったようです。


今後の活動に期待したくなる夜になりました。
進藤さん、進藤さんのファンのみなさん、いろんなイベントがある中、山作戰を優先して駆けつけてくれた山作員のみんなありがとうございました。

関連記事一覧

PAGE TOP