*

お祭りを知らせる花火は多すぎて…

公開日: : ぼくはげ

昨日もだったが
今日も夕方からどこかのお祭りがあるらしい

この地域ではお祭りがある日には
朝と昼に花火をあげてアピールする

どうやら花火の数がその街の
威勢の良さみたいなものを表すらしく
みんな競って数をあげる

いざお祭りに行ってみると

こ… これだけ?

って感じのこじんまり感だったり
することもあるので
花火だけでおじさんたちは
達してしまってるんだろうと思う

いまも砲撃の如く
20発くらいの花火が
何度かにわけて上がった

平和な街

この蝉の鳴き声と
猛り狂ったようにあげられる花火の音が
毎年続いてやがて日常になっていくのかな
そうだといいな

汗ばみながらぼんやりと思ったのだった

関連記事

no image

『ごめんなさい』は 守り 食い破る

自分の吐く 『ごめんなさい』 という言葉の なんと凶暴なことよ… あるとき と言って

記事を読む

no image

外食と音楽と珍しいライオン

外食しないひとは ぜーんぜんしないし するひとは 軽やかにいつも していらっしゃいます

記事を読む

no image

おっぱい

Facebookなんかに自分が文章を書いているときに 『など』って書いて なんだかかっこつけすぎ

記事を読む

no image

交渉材料は”めんどうくさそうさ”

社長と知り合ってぼくは ある意味ひどく偏屈な部分を 意図的に作るようになりました というの

記事を読む

no image

音楽を作ることにしか興味がないらしい

音楽の良いリスナーであるひとが ぼくの音に興味を持ってくださったり 聴いてくださったりする ぼ

記事を読む

no image

大切は伝わるのか

うちの社長には 大切にしてきたものが ないんだそうです よくもわるくも執着がない ご

記事を読む

no image

『肝臓がもったいないから』

おとといから 独りで飲む晩酌をやめてみています いつまでつづくかわかりませんが いまのとこ

記事を読む

no image

本職であるとあえて主張すべきか

いろいろなところへ呼んでもらい うたわせてもらうなかで いったいおれがどんなやつなのか ご存知ないま

記事を読む

no image

大麻 も 奴隷も 「よい」

「いい」 「わるい」 という言い方と 「いいと思う」「悪いと思う」 という言い方では 中に詰

記事を読む

no image

続き物はひとやすみして

『辻義理と山作業』の書き直しに 思いの外時間がかかるので 続きは後回しにして近況を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は山作戰の目にとまらず葬り去られてしまいます ご注意を!

no image

あと3週間ちかくになりました。 チケット当日は1000円増しなので

no image

鳩子なりに当日の曲順を決めたりしてます。 きっと勝手

no image

たかや祭りでレコ初になる 天草栖朗の作品

no image

たかや祭り後に打ち上げがあります。

no image

ギター隊今年も隊員募集!! 今年もみなさんで山作戰の

→もっと見る

PAGE TOP ↑