*

辻義理と山作業 弐

公開日: : 最終更新日:2012/06/24 ぼくはげ ,

辻義理と山作業 壱の続きです

自分の音楽を聴きに来てくれるひと…

このひとたちがいる状態でうたうことと
まったく自分を知らないひとのまえでうたうことは
うたう側にとってとんでもなく大きな違いがある

路上ライブというものは
立ち止まってくださったひとの数
ひとだかりの大きさなどで
成功不成功が判断されがちだ

たいがいは目的を持って
どこかへ行こうしたり
家へ帰ろうと歩いている街ゆくひとびとが
通りがかりに一度聞いて
おっ!
と思って立ち止まってくれること

自分を説明して自分を受け入れてもらうか
みんなが望むかたちの完成度の高さで認めてもらうか
演目を相手の知っているものにして
(有名な曲のカバーなどをうたって)
曲の威力を借りて滑り込み
それをきっかけに愛してもらうか…
(一部女の子の場合はこれに
男性受けのよさで斬り込むという方法があると思う)

そんななか
そもそもそのころもいまも
おれが演奏している曲は
より多くのひとに愛されることを優先して
作ったものではないし
カバー曲はうたうと著しく
モチベーションが下がってしまうことがわかっているので
原則やらない
顔もどうやらオダギリジョー似ではない

それはたとえるならば
ひとを殺すために開発された戦車で
畑を耕せと言ってるようなものだろう

わかるひとにだけわかるようにと
作っているのだから
必死でうたってみんながわからないことに
それはそれでなんの不思議も
落ち度もないはずなのだ

しかしそのころのおれは
そうは考えなかった

つづく

関連記事

no image

クリスマスと肌色四角うさぎの恐怖

昨日は社長と経理の音子さんと一緒に 写真家の杉山さんのお宅で家呑みでした 蒲原庵に帰ってきたのは

記事を読む

no image

大麻 も 奴隷も 「よい」

「いい」 「わるい」 という言い方と 「いいと思う」「悪いと思う」 という言い方では 中に詰

記事を読む

バラエティのエンディングの小窓でうたう 曲の聞こえないひとを見て思ったこと…

テレビの面倒を極力避けつつ利用して 効率良く宣伝して売り逃げる っていう 大きなインディーズのやり方

記事を読む

no image

ボトルネックおじさん

東京に出て 音楽で身を立てたいと思ったとき しばらくうたの学校に通いました 20代前半のはなし

記事を読む

no image

こびるでもなくもてなすの初歩

今年は 曲を作るとき 聴くひとの気持ちを考えたつもりになりたい という願望が強まった時期でした

記事を読む

no image

道ならぬ恋のような配信を…

今日はUstream(インターネットで観てもらう個人配信) 『ぼくなまはげ』の日です 22時ごろ

記事を読む

no image

たかや祭り後に打ち上げがあります。 高山はできるだけ多くの方と

記事を読む

no image

主語抜け守護人

『それはよくない』 なんて言いかたをします 『べきだ』とかも よしあしは立場によるのも

記事を読む

no image

おっぱい

Facebookなんかに自分が文章を書いているときに 『など』って書いて なんだかかっこつけすぎ

記事を読む

no image

『ごめんなさい』は 守り 食い破る

自分の吐く 『ごめんなさい』 という言葉の なんと凶暴なことよ… あるとき と言って

記事を読む

Comment

  1. 松田力 より:

    あ、良い所で続いちゃったw 上手いなー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は山作戰の目にとまらず葬り去られてしまいます ご注意を!

no image

あと3週間ちかくになりました。 チケット当日は1000円増しなので

no image

鳩子なりに当日の曲順を決めたりしてます。 きっと勝手

no image

たかや祭りでレコ初になる 天草栖朗の作品

no image

たかや祭り後に打ち上げがあります。

no image

ギター隊今年も隊員募集!! 今年もみなさんで山作戰の

→もっと見る

PAGE TOP ↑