*

自分は間違っているかもしれない

公開日: : 最終更新日:2012/06/22 ぼくはげ

音を聴き直しては修正を繰り返し

足りない部分は加えたり えいやと録り直したりする

甘すぎず辛過ぎない目線を向けないと

セルフプロデュースは崩壊するとわかった

それはまるで自己愛のさじ加減

そしてこの作品を届ける相手に対する

おもんぱかったつもりと敬意と挑戦だ

そういえば若いころは

なにごとにも

自分は間違ってないと思っていた

少し経つと

間違っているかもしれないけれど

認めたら進めなくなると思って

間違ってないていで動いてた

少し前から間違ってるかもしれないから

気をつけようとし始めた

そしていま

そもそも間違いって何?

身近なひとがしあわせならよくない?

って感じになっている

よい感じで進んでたのに

手に負えない状態になった

世の中には

自分は

自分の考えは

間違ってないと思いたいひとが

けっこうたくさんいると思う

間違いを認めたら進めなくなるひとも

多いと思う

ぼくも前よりは減ったけれど

そういうジャンルを抱えていると思う

間違ってないと思いたかった

さかりのころのぼくは

自分の考えにあった現実だけを

切り取って取材して

意見が違うひとに正義として

ぶつけたりしていた

しかしそれではあまりに

見える範囲がせまい

間違いを認めないのが

ぼくの人生の目的ではないのだ

間違いを塩加減よく認めつつでも

にじりすすめたらいい

ザリガニのように後ずさりつつ

しれっと進む方法が

ほんのすこおし身についてきて

さらには今回の作品集づくりで

あえて認めないという芳しい回路まで

増えてしまったり

わかってますよ

おもいついたことを書いてる場合じゃない

今日も虫のように作業をしなきゃいけない日です

間違ってました 認めます

地球滅亡の日まで今日も入れてあと6日…

関連記事

no image

照明沼?

インターネットで行うライブのぼくなまはげ(前回のアーカイブに飛びます)を 少し雰囲気のある感じで配

記事を読む

no image

交渉材料は”めんどうくさそうさ”

社長と知り合ってぼくは ある意味ひどく偏屈な部分を 意図的に作るようになりました というの

記事を読む

no image

大切は伝わるのか

うちの社長には 大切にしてきたものが ないんだそうです よくもわるくも執着がない ご

記事を読む

no image

クリスマスと肌色四角うさぎの恐怖

昨日は社長と経理の音子さんと一緒に 写真家の杉山さんのお宅で家呑みでした 蒲原庵に帰ってきたのは

記事を読む

no image

独り遊びとしての無償の愛

Facebookをやってらっしゃらない方にとっては わかりづらい内容かもしれません Facebook

記事を読む

no image

社長がなぜメンバーなのか

ぼくの録音した曲にも 一応アレンジというものが 存在するらしく 『アレンジがなってない』 『

記事を読む

no image

シュプレヒコール

※続き物はもうちょっとおやすみです おともだちのつかさんが参加していた 大阪での原発再稼

記事を読む

no image

今日の山作業

地球滅亡の日まで明けてあと一日朦朧としているので箇条書きのみです【1 曲目】うたのコンプをきつくした

記事を読む

no image

エッセーはタイムスリップする

『三谷幸喜の怒涛の厄年』という 旧いエッセーがあります ぼくはこれを エアロバイクをこいで

記事を読む

no image

おかしな こころ とねじれた愛情

ご存知のかたも多いかも知れません 社長のいえには こころ という犬がいます トイプードルで六歳

記事を読む

no image

あと3週間ちかくになりました。 チケット当日は1000円増しなので

no image

鳩子なりに当日の曲順を決めたりしてます。 きっと勝手

no image

たかや祭りでレコ初になる 天草栖朗の作品

no image

たかや祭り後に打ち上げがあります。

no image

ギター隊今年も隊員募集!! 今年もみなさんで山作戰の

→もっと見る

PAGE TOP ↑