*

さらばいとしの廃墟 (品川髙山堂)

公開日: : ぼくはげ

このまえの上京のとき
取り壊される品川髙山堂を
見に行きました

20130321-093415.jpg

銀行が大家さんに
お金を貸してくれないと
取り壊し時期が延期されまくり
二年で取り壊すと言ってたのに
10年近く住んだ

20130321-093834.jpg

遊ばせておくより
格安でも貸していたほうが
足しになると大家さん
高級住宅街で
公園から一分足らずの好立地
かなり広かったし音の苦情もなかった

20130321-094258.jpg

震災のまえから
水回りの不具合が相次いで
貸してると修繕費で赤…
と嘆いていた大家さん
出て行くと言うと喜んだ

20130321-093519.jpg

引っ越しのときに運べなくて
空いていた玄関脇の花壇に
移して去ったネギ

20130321-093303.jpg

彼らは二年過ぎたいまも
砕かれたコンクリが垂れ下がるなか
天平の甍のごとく見守っていた

20130321-093734.jpg

ここがなかったら
東京にあんなに長く
住まなかったんじゃない?

そうよく言われる廃墟
(住みはじめた頃から
近所ではそう呼ばれてた)

ここのひびきは作品集
『山作戰』に残っています

関連記事

no image

出来立ての作品集『山作業』のことを客観視できないくらい直後に書く

前回の作品集『山作戰』を発売したのは、2009年の1月だそうです。 たしか、作るぞと言ってから八年以

記事を読む

no image

『肝臓がもったいないから』

おとといから 独りで飲む晩酌をやめてみています いつまでつづくかわかりませんが いまのとこ

記事を読む

no image

『魂のうた』や『癒し』について

実感のわかない言葉や音を できるだけ使わないでいたいとおもっていることもあり いろいろなよくわか

記事を読む

no image

生まれ変わらない教

自分は 一応仏教の慣わしで暮らしてはいるものの 特定の信仰は持ってないです といったスタン

記事を読む

no image

納得のお値段

社長がいますすめている 『みんなと一緒にどうしても持ちたい わたしたちのグッズ計画』

記事を読む

no image

なめだるま親方はぜんぜん関係ない『だるま』のこと

蛇の絵をにょろにょろ書きすぎて なんだかあたまがこんがらがってきたのです 年賀状の図柄 いま図

記事を読む

no image

ボトルネックおじさん

東京に出て 音楽で身を立てたいと思ったとき しばらくうたの学校に通いました 20代前半のはなし

記事を読む

no image

頭は回転するか?

『頭の回転がはやい』 なんて言います しかし頭はそもそも回転しない 脳みそだって ぐ

記事を読む

no image

『ごめんなさい』は 守り 食い破る

自分の吐く 『ごめんなさい』 という言葉の なんと凶暴なことよ… あるとき と言って

記事を読む

no image

主語抜け守護人

『それはよくない』 なんて言いかたをします 『べきだ』とかも よしあしは立場によるのも

記事を読む

Comment

  1. 大賀 正裕 より:

    ここがあったからこそ出来上がった第一作品集「山作戰」
    想い出が沢山詰まったアルバムですね♪

  2. 大賀 正裕 より:

    ここがあったからこそ出来上がった第一作品集「山作戰」
    想い出が沢山詰まったアルバムですね♪

  3. 須田 昭久 より:

    こわすこわす詐欺とよ〜〜〜〜〜

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は山作戰の目にとまらず葬り去られてしまいます ご注意を!

no image

あと3週間ちかくになりました。 チケット当日は1000円増しなので

no image

鳩子なりに当日の曲順を決めたりしてます。 きっと勝手

no image

たかや祭りでレコ初になる 天草栖朗の作品

no image

たかや祭り後に打ち上げがあります。

no image

ギター隊今年も隊員募集!! 今年もみなさんで山作戰の

→もっと見る

PAGE TOP ↑