*

頭は回転するか?

公開日: : 最終更新日:2013/02/11 ぼくはげ

『頭の回転がはやい』
なんて言います

しかし頭はそもそも回転しない

脳みそだって
ぐねぐねうねってるように見えるけど
回転はしてない

あれはなんで『回転』で
なんでしょう

『頭の回転がはやいね』
なんて言われてるひとは
瞬時にその場に合った言葉や知識
見解なんかを言えたり
行動できたりするわけでしょうが
慣用句みたいになってるから
意味はわかるけど
『頭の回転』って
なにになぞらえたんだろ

しかも『頭の』なわけですから
顔の部分は回ってないんでしょうし
多分中身が回ってるはず
回転するイメージで言うと
ハードディスクかしら

そんなに昔から
こんなに一般的な慣用句になるほど
ハードディスクが回転してるイメージ
浸透してた気がしないなぁ

20130210-111212.jpg

なんて考えてるとき
ふと思い出したのが
パソコンをみんなが触るようになる
もっとずっと前
ニュースで観たと思う
スーパーコンピュータの映像

回ってたよな あれ…
違う?
回ってたのは輪転機??
新聞社のニュースだったから
映ってただけ?

わからない…

Googleで検索しないで
想像する遊びでは
いまのところここまで

あとはもんもんとした
答えの出ない時間を
楽しむことにします

少なくとも
『頭の回転がはやい』ひとは
こんな無駄な思考は
しないんだろうなぁ


回らない頭で考えながら…

関連記事

no image

交渉材料は”めんどうくさそうさ”

社長と知り合ってぼくは ある意味ひどく偏屈な部分を 意図的に作るようになりました というの

記事を読む

no image

スペシャリストではないということ

ぼくは楽器を 真面目に長いこと弾き続ける 精進をしてきた経験がない さらにはコード理論の勉

記事を読む

no image

鳩子なりに当日の曲順を決めたりしてます。 きっと勝手に決めるなと高山から怒られると

記事を読む

no image

ぼくなまはげの日

毎週木曜日はぼくなまはげの日です。 http://www.ustream.tv/channel/%E

記事を読む

no image

出来立ての作品集『山作業』のことを客観視できないくらい直後に書く

前回の作品集『山作戰』を発売したのは、2009年の1月だそうです。 たしか、作るぞと言ってから八年以

記事を読む

no image

路上ライブの負 ~あんた山作戰村のひと?~

今日は江戸の品川で またうたわせていただきます 昼過ぎに出発予定 楽しみです  

記事を読む

no image

炭水化物

社長が料理をしていたので 年末年始に向けてすこし 炭水化物を控えておきたいと言ったら わかった

記事を読む

no image

『ごめんなさい』は 守り 食い破る

自分の吐く 『ごめんなさい』 という言葉の なんと凶暴なことよ… あるとき と言って

記事を読む

no image

年始のご挨拶もまとまらない

みなさんおめでとうございます 四日間くらい文字通り 年賀状を作るために家にこもっていて 一歩も外に出

記事を読む

no image

昭和魂平成才

むやみに昭和を振りかざすのは あんまりみっともいいことなさそうですが 昭和を主張することは 必

記事を読む

Comment

  1. ぼくはげ(山作戰の駄文)
    更新しました

    頭は回転するか?

    http://t.co/kbj9nk3t

  2. 松田力 より:

    脳の解明が進んだ今「ニューロンとシナプスの働きが活発な人だなぁ。」と言わなければなりません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は山作戰の目にとまらず葬り去られてしまいます ご注意を!

no image

あと3週間ちかくになりました。 チケット当日は1000円増しなので

no image

鳩子なりに当日の曲順を決めたりしてます。 きっと勝手

no image

たかや祭りでレコ初になる 天草栖朗の作品

no image

たかや祭り後に打ち上げがあります。

no image

ギター隊今年も隊員募集!! 今年もみなさんで山作戰の

→もっと見る

PAGE TOP ↑