*

煙対策

公開日: : ぼくはげ

煙で咳き込んでしまうので
ライブハウスでうたうときはかなり
その前の過ごし方に工夫が必要です

冬場は乾燥するので
マスクは必須
喉が温まりすぎても咳が出る
冷え過ぎると声が出にくい
出番直前まで外にいると
入って煙を吸った途端咳き込んで
そのまま本番が始まる
ある程度慣れてからのほうが
いいっぽい?
など
長年の咳き込み経験で
ベストと思われる状態を探って
挑むわけです

しかしうたっているうちに
喉には小さな傷がついたりもする
そこに煙がしみると
ごまかしが効かなくなるわけで
うたってる途中で
痛痒くなってきたりすると
このフレーズをうたいおわるまで
咳よ出るなと願いながら
横隔膜とおぼしきあたりを
必死で固定する

小学生のころ
あの電柱まで息を止めると決めて歩き
失神しかかったのを少し思い出す…

20130129-105432.jpg

どうしても咳き込みそうなときは
しかたないので
歌詞を前後にずらしたり
フレーズを変えたりして
咳をするスペースをつくったりも
これは歌詞忘れや
同じ歌詞を二度歌っちゃう現象を
誘発しますのでお気をつけください…

煙に強い喉にするには?
という質問をすると
多くの冗談好きのひとたちと
一部のまじめなひとたちは
『いつもタバコを吸ってればいいんじゃない?』
っておっしゃる

そうか!
そうすれば慣れて免疫ができて…
吸うぞーっ!

ってなるかーっ!

ともあれ
煙に強くなる方法
喫煙者になる
っていうの以外でご存知の方
情報お寄せください(笑)

関連記事

no image

木曜日もせめぎあう

今日は木曜日 夜の22時から『ぼくなまはげ』の日です 木曜日というのは山作戰のメルマガが

記事を読む

no image

主語抜け守護人

『それはよくない』 なんて言いかたをします 『べきだ』とかも よしあしは立場によるのも

記事を読む

no image

続き物はひとやすみして

『辻義理と山作業』の書き直しに 思いの外時間がかかるので 続きは後回しにして近況を

記事を読む

no image

昨日の山作業

まさか10曲目一曲のしあげで一日(よる作業を除く)がつぶれてしまうとは…今日は11曲目も歌い直しをし

記事を読む

no image

本日は経堂演奏論

今日は ライブの日は毎回 お客さんが来てくれるかが気になって 落ち着かないんです そ

記事を読む

no image

5月6日(月) UstToday音楽祭

ライブメディア情報番組UstTodayが、2013年5月で3周年を迎えます。 3周年を記念して、東

記事を読む

no image

本職であるとあえて主張すべきか

いろいろなところへ呼んでもらい うたわせてもらうなかで いったいおれがどんなやつなのか ご存知ないま

記事を読む

no image

路上ライブの負 ~あんた山作戰村のひと?~

今日は江戸の品川で またうたわせていただきます 昼過ぎに出発予定 楽しみです  

記事を読む

no image

恋のベテランなんて言われないけど

考えてみると 中学高校くらいから 東京ですごした二十年以上 途切れることなくずっと 恋をして

記事を読む

no image

今日も町田!!

昨日はうちの社長の 誕生日でした 耳の日なのにひとのはなしを聞かず 女の子の節句なのに

記事を読む

Comment

  1. ぼくはげ
    http://t.co/Kw0vZW5i

    更新しました
    『煙対策』

    (微粒子じゃないです) http://t.co/hi0DbRXa

  2. 松田力 より:

    の、ノド立て伏せ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は山作戰の目にとまらず葬り去られてしまいます ご注意を!

no image

あと3週間ちかくになりました。 チケット当日は1000円増しなので

no image

鳩子なりに当日の曲順を決めたりしてます。 きっと勝手

no image

たかや祭りでレコ初になる 天草栖朗の作品

no image

たかや祭り後に打ち上げがあります。

no image

ギター隊今年も隊員募集!! 今年もみなさんで山作戰の

→もっと見る

PAGE TOP ↑