「曲を書く」ことがない俺の苦しいブログ

yamasakusen

音楽おじさん 最近またランニングをはじめました 2キロくらいだけどね 年明けにある町内の駅伝大会で1キロちょっとを全力疾走するためのトレーニングです ビールが大好き 旧い楽器や家具が好き くわしくなくても好きと言っていいという決まりを勝手に作って楽しんでます

ブログを書いたほうがいいと社長に散々言われてまして 怒られても 書くことが思いつかないのです
アイデアが浮かばないことを書くという手法は江口寿史さんだったかしら
ネタがないという漫画を書くというずるい感じ

ひとつブログを書く労力があれば 1曲曲を作るほうが楽なくらいなので 週イチくらいで1曲ずつ貼っていこうかしらと思ったりもしたのですが 歌詞を書くとなるとまた時間がかかることが多く ルルルラララとうたっていてもつまらないだろうからあきらめてブログを書こうと思います

ところで僕は歌詞は「書く」曲は「作る」と言うことにしています
理由は楽譜を読み書き一切できないので 曲を作る作業に「書く」という動作がないんです
打ち込みと言われるいわゆるコンピューターに欲しい音を探しながら 音を出すタイミング  高さ 長さ 音色などを覚え込ませて鳴らすことで曲を作ってアレンジまでし始めてしまうことが多い上 ギターも音を探して押さえて録音してしまうので「書く」がまったくないんです…

昔々はSY-77っていうYAMAHAのキーボードに付いてるシーケンサーに覚え込ませていた頃は画面が小さくて数行の液晶が頼りだったので いまのパソコンのソフトのように全体を見渡すようなことはできず 自分がなにを覚えさせたか 何小節目になにをしたかなど メモをとっておかないとわからず一応「書く」がありましたが いまは一切なくなったので曲は「作る」

そういえば30年くらいまえ いつか譜面の読み書きができるようになるかなー と思って五線紙を買った記憶がありますが 音楽家っぽさを出そうと思ったのかその頃気になってた女の子にどうでもいいメモを書いてこれ見よがしに渡した以外は引っ越しで捨ててしまった気がする
変なメモをお持ちの方いらっしゃいましたら 燃やして下さい…

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は山作戰の目にとまらず葬り去られてしまいます ご注意を!

PAGE TOP