かわいそうがりにくい感じで

『かわいそう』という言葉が
使われてしっくりくる場面って
どんな場面なんでしょう

『かわいそう』が唐突に
ひどい言葉のように思えたのは
自分がそんなに困ってない場面で
一方的にあわれまれたとき

というよりも
『あわれみたがられて』
その言葉をかけられたときだったと思います

なんとか持ちこたえたという
ぼくの安堵を蹴散らされた感じで
「おれの気持ちもわかってないで
勝手にかわいそうがるな!」
って悲しかった
優位に立たれた感じで
悔しかった

現在のぼくは
『かわいそう』が自然に使われて
変な気持ちにならない場面
というのが
思いつかなくなってます

そういう目線で見ると
『かわいそう』が
それを言ったり思ったりする
『いいひとであるところのわたし』
のかざりとして機能するように
使われてる(ように見える)場面は
かなり多いと思う

20130127-120821.jpg

ただ世の中には
『かわいそう』を必要としてるひともいるんですよね
それは
『かわいそうがられたいひと』
なわけですが
子供もときに
ある時期から自分の『かわいそうさ』を
同情してくれそうな大人なんかに
アピールしはじめたりする
これは
『かわいそう』なんじゃなくて
『かわいそうがらたがってそう』
ぼくはこの誘いに
できるだけ乗りたくない
意地悪して
大人はそんなに馬鹿じゃないって
アピールをしたくなる

ってところが
自分は子供だなとは思う…


こんな『かわいそう』
相手と意思の疎通がとれそうにない
敬意を持つ気がないときなどは
いい仕事します

『あいつはかわいそうなやつだ』
『おまえはかわいそうだな』

惚れ惚れするディスコミュニケート感…

ぼくもだれかに
『かわいそう』
って言われてたらやだな

どうにか
かわいそうがりにくい感じで…

町田でライブに向ってます

関連記事一覧

コメント

    • カミオカンデ スミ
    • 2013年 1月 30日

    政権を取り戻した自民党は偉そう。裸のおネェちゃんはエロそう。でも裸の王様はかわいそう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は山作戰の目にとまらず葬り去られてしまいます ご注意を!

PAGE TOP