益城町の西村町長さんに義援金を託してきました

いま故郷熊本から住まいのある静岡へ戻っているクルマの中です
image

昨日はこの旅の一番の目的でもあった 『山作戰の熊作戰の活動で得た熊本支援の募金とチャリティーグッズの売り上げを託す』という使命をやっと果たすことができました

img_5856
今回熊本へ帰ったあと何度か時間をとって市内の街 南阿蘇も含めて何か所かを両親の案内で見て回った挙句 どこも全然大丈夫になってないことがわかったりと ますますどこへどう託していいものかわからなくなってしまいました

img_5956
しかしお預かりしているお金がぼくらの手元にいつまでもあると 活かされるのも先に延びてしまいますので「熊作戰の活動はこれで終わりじゃない」と言い聞かせあって 今回は地震と雨に耐えている景色が胸を締め付けた益城町に寄付させてもらうことに決め 昨日 2016年7月12日午後2時30分 西村町長に面会をお願いし みなさんの気持ちを伝え 449,482円をお渡ししてきました

img_5980

西村町長は優しそうな方で 繊細な話し方をされる方でした
この繊細さで自分が愛して責任を持つ故郷が地震の被害にあう様を直視して対応する という任務にあたることは さぞかしつらく苦しいものだったろうなと想像し 息が苦しくなりました

山作戰さん(@yamasaku_)が投稿した写真


西村町長が町長さんになる前 役場の職員をされてたとき益城で国体が開かれたそうで その際バスケットの選手として訪れた静岡の選手をご自宅に泊めたことがあるそうです
その方々とはいまでも年賀状のやりとりをされてるそうで 静岡には親しみがあるそう

img_5967「益城の復興に活かします」との言葉をいただき 町長室を後にしました

さて 明けて今日はといえば われわれ 早起きして5時に出発して熊本インターチェンジから高速に乗ったものの 大雨で通行止め 植木ですぐ降ろされてしまいまして 八女(やめ)まで下道 ロスしたなぁと走っていると小栗峠という逃げ道のない一本道で唐突に車列が動かなくなり しばらく足止め 対向車線も止まってる模様

img_6003
ワイパーを最速で動かしても景色がにじむような雨ですし 様子を見に行けば即ウエットマウス
むむむ という時間を1時間弱くらいでしょうか 過ごしました
やがて対向車が来るようになるもののこちらの車線は止まったまま
しばらくしてやっと断続的にクルマが動き出すも 100メートルくらい動いたら止まるの繰り返しが10分おきくらいという焦らされ具合
そうやってやっと問題箇所と思しき現場をようやく通過できまして

倒木で片方の車線がやられて足止め
地元のひとのおかげで片方の車線が復活する
片側交互通行を仕切れるひとがおらず対向車線ばかりが流れ込む状態
やがて警察の方が到着し仕切りれるようになる

という いままでの謎が現場を見て全部とけてすっきり

よかったーーー
とばかり喜んではいられません

到着予定時刻は2時間くらい遅れ 明日は朝からテレビ出演もある
できるだけ疲れを残さず明日を迎えるために
安全運転でかつ 速く
静岡を目指します

関連記事一覧

PAGE TOP