ぼくなまはげ とはなんだったのか

ぼくなまはげが最終回をむかえました

「ぼくなまはげ」とは わたしが2010年の2月10日(金)にはじめて すぐに木曜日に曜日変更しつつもほぼ毎週 ちょうど300回つづけたUstreamのライブ配信です
この配信はただただわたくし山作戰が自分のオリジナル曲を身勝手にうたい そのとき思ったこと 配信を見てるひとが寄せてくれたコメントについての感想などをしゃべるだけというもの
クリップボード01

しかもはじめた当初は社長が配信に強く否定的で 協力が全く得られなかったので 会社の予算でウェブカメラだけ用意してもらい 毎回の背景などの用意を最小限にしようと部屋を暗くしてロウソクを灯して 配信をはじめました

うたってるうちに譜面がロウソクの上に落ちて燃え上りそうになったこともあり いつしか「おっさんの薄暗いうたの配信」という認識のされ方をするようになったわけですが 作り込みや前もっての用意もまったくしない 完全なる「ライブ」な配信でした
クリップボード01

最後の一年くらいはツアーなどでどうしても配信できないとき ファンの方の申し出で雨傘的に山作戰ライブを撮影して下さったものを流してもらったこともありましたが ほぼほぼ弾き語りのみ
マンネリの活き造りでお送りしました

インフルエンザで42度くらい熱があるときも 意地になって数曲うたって力尽きてみたりなど 2016年1月14日(木)に最終回を迎えるまでの6年弱の間は山作戰チームの動きの中核を担うイベントといっていいもの
毎週木曜日の夜 「とんねるずのみなさんのおかげでした」が放送されてる頃には配信の準備があらかたできてなければならず 着替えをして居間のテレビの前を通って 配信をするスタジオのある離れへ行くとき「実食!」とか言ってると ちょっとぴりっとした気持ちになるというパブロフの犬なわたしでした
クリップボード01

山作戰チームは2011年の10月ごろまで東京を中心に活動していまして 毎週金曜日の夕方に「辻義理(つじぎり)」と名づけて路上ライブもおこなっていました
これは社長が提案したもので 不特定多数の行き交うひとびとに対してうたって曲を知ってもらいたい あわよくば支持をして欲しい ライブにも来てくれないものか などという願いをこめて始めたもの
東京を離れる直前まで行っていましたが CDだって1年前後やった路上ライブの中で20枚売れたかどうか?という感じ
路上ライブで売られているCDの値段の相場の倍くらいする価格だったことを差し引いても あまりに売れませんでしたし それをきっかけにライブへ来てくれた方は結果1人か2人程度
しかもファンとして定着してもらうこともまぁ失敗におわったわけです
クリップボード01

むしろ東京を離れるくらいの時期にはなんだか 全国で「ぼくなまはげ」を視聴されてる方が東京へ来られた際にあいに来て生歌を聴いてくれる場 ネット販売ではなく直接CDを買いたいという方のCD購入の場 という感じで機能していましたので 出張だとかご旅行だとかのついでに回り道してくださってあいに来てくださった方もかなりの数いらっしゃり いまも応援してくださってる山作員のみなさんの中には SNSやぼくなまはげのタイムラインではコミュニケーションをとっていたけれど 実際にあったのは辻義理が初めて という方もすくなくありません
クリップボード01

そんなわけで 静岡に来る前の 音楽専業に戻してジタバタしていた時期のわたしを支えて下さったのは ほぼネット上で出会い 「ぼくなまはげ」で曲を聴いてどんなやつか理解してくださったりしてCDを買ったりツアー先に駆けつけてくださったりするようになった方がほとんどでした
静岡に移り住んでできた仲間のおかげでさらに地元の仲間とつながって その仲間が毎週観てくれるようになるまでこの状況は続き 静岡のライブ会場などでは うたいながら見る 遠くから来てくれたUst組と 静岡のリアル組が混じった客席に しみじみすることがあります
IMG_0166「ぼくなまはげ」では山作戰の曲ばかりをうたっていました
スポンサーがいるわけではないので手っ取り早く数字を稼がなければならないこともなく 身の丈以上の資金を使って回収しなければならないなんてこともない
ただただ山作戰の曲を知ってもらう場としてのみ存在できました
わたしがおっさんだったことがむしろよかったかも知れない

それがつまらないと思ったひとは去り 興味を持ったひとだけがまたつぎも見に聴きに来てくださる
その繰り返しでゆっくりゆっくりであえて 好んでくださったみなさんの純度があがっていく
集まってくださるそれぞれがそこでであい おのおのがおたのしみを増やしてくれたりもした
いわば「第一期」の山作戰の 支えとなってくれたみなさんと であい過ごせた場所「ぼくなまはげ」IMG_0169
「ぼくなまはげ」がなんだったのか
まだいまの時点ではこんな感じです
今の時点でまだ 先週木曜日から1週間
毎週やってた頃配信を終えてつぎの配信までの時間しか経ってないのですが 喪失感というか終わった実感はすでにあるのが現状です
配信が終わった二日後と三日後にわけて 最終回の配信開始時から配信を止めるまでの間のみなさんのツイートを 時系列で読みなおした時点で 終わったんだな っていう感慨がわきあがりまして ひとりで うーむ などと言っておりました
1月14日のツイートたち 日をまたいだあと15日のツイートたち

クリップボード01

300回で辞めると決めてカウントダウンを始めたあと USTREAMアジアがUSTREAMの管理から撤退してアメリカの本社に管理が戻ると発表されたりして 今後どうなるかもわかんなくなっちゃいましたが 確かにいまのわたしを育ててくれた場所

まずは1月21日(木)今夜 実に5年ぶりの「ぼくなまはげ」のない木曜日の夜を できるだけなんとなく すごしてみたいと思っています こわいなー

関連記事一覧

PAGE TOP