山作戰LINEスタンプができるまで いかにして我々は申請をくぐり抜けたか…

山作戰LINEスタンプを社長とおれで作りました
使って下さってるみんなありがとう

https://store.line.me/stickershop/product/1648020

厳しいと評判の審査は噂通りでしたが 勝手がわかればあとはすんなりいけそうです(そもそもの待ち時間はあります)
社長が書いた絵をあとで無理やり俺が動かしたので大変でしたが 動かすつもりで描いた絵ならきっとさらに早いはず(あたりまえですが)
9月27日にスタンプの審査をリクエストしてリジェクト(差し戻し)を受けたのが10月4日

俺がもらった指摘は以下の通り

申請されたスタンプは、以下の審査ガイドラインの項目に該当いたします。

対象:画像

1.1.LINEが定めるフォーマットに合致しないもの
※背景が透過されていません
main

※背景の一部が部分的に透過漏れしています
03.05.08

※テキストの内部が透過漏れしています
03.04.08.14.15.22

※イラストの内部が透過されています
> 該当多数

※静止画として表示される1フレーム目の調整をお願いします
> 該当多数

5.2.権利の所在が明確でないもの(例:二次創作など)
13

スタンプの修正をお願いいたします。

対象:スタンプ全体

5.4.権利者からの許諾が証明できないもの

厳しくて最初はなにを言ってるのかわからず当てずっぽうで修正して再審査をリクエストしたのが10月6日 10月10日に再リジェクトされてます
そもそもLINEをやったことがなかったのでスタンプもちゃんと見たことがなかったので当たり前といえば当たり前(笑)
それでもわかりにくかったのが透過に関する話

■基本的に背景は透過せよ
■文字を書く場合線で囲まれた部分(口の□部分など)の隙間は透過せよ
■キャラクターは透過しては駄目(口を背景まで貫通させたかったのですが白で塗りました)
という意味のようでした
さらに意味不明だったのが
『※静止画として表示される1フレーム目の調整をお願いします』という文言
これは「そのスタンプがどんなものなのかわかる絵を1コマ目にもってこい」という意味のようで ネタバレのようでなんだか嫌でしたが スタンプを送るときに見て選ぶ訳ですから

こんな画像を出されてもなんだかわからないわけで
「ヒ・ミ・ツ」を送ろうっと! って思ってもらうためには

こうである必要があるわけです
なおこれを1コマ目に持ってきても 送る側は見て選びますが 送られた側には一瞬なのであんまり見えなくてネタバレにはならないぽいです。
(相当ネタバレが嫌らしい俺)

なお 「権利者からの許諾が証明できないもの」という指摘については 社長の名前しい鳩子が通り名であることと銀行の口座の名前 はたまた山作戰としい鳩子との関係性は?みたいな問題だったと想像しますが スタンプ画像の方の問題点をすべて解決した後クリアにしようと思って 画像の修正をして10月11日に申請を出したところ


あちらがウェブで検索などして下さったようで10月16日ごろ審査中ステータスに変わって

10月19日にそのまま通ってしまいました
ちなみに被り物をしているっぽく作ったものは「権利の所在が明確でないもの(例:二次創作など)」との指摘を受けまして

入れませんでした(笑)もうすっかりわかったぞ!(多分)ということでまた作るかも知れません

あLINE@の山作戰アカウントもありまして
友だち追加
どうかフォローなどお願いできるとさいわいです

関連記事一覧

PAGE TOP