おしりの穴は二度浮くか

地域で評判がいいのに
社長の家族の間では「おいしくない」
と言われている
老舗らしいとんかつ屋さんがあります

富士市にお出かけした帰りに
通り沿いの看板を見かける
値段も良心的らしく
ブログに『値段も良心的で美味しい』
と書いているひともいるのに
社長の家ではいまのところ 『なし』…
一度行ったっきりなんだそうです

社長のお姉さん
音子(いんこ)さん曰く
「うちっち家族が行ったのが
閉店ギリギリだったもんで
たまたま油が古かったっけや」

自分が
またはともだちなどがその店に行って
料理やサービスが不満だった場合
飲食店の数が多い東京なら
もう行かない
で終わりかも知れませんが
その他の地域だとそうとばかりもいかない

この家族も
最近その店へ行ったひとが
おいしかった
と言っているのを聴いたりして
もう一度くらい行ってみてもいいかも と
態度を軟化しはじめていますから
いずれ続報をお伝えできるかも知れません

20130324-130433.jpg

このはなしを公演や作品になぞらえると
東京の飲食店側に近い肌触りだと思う

もともと好みに合わないんなら
まったく問題ないんですが
今後も聴いてくれる
応援してくれるはずだったひとと
たまたま調子の悪い公演で
一度目の出会いをしてしまったら…

音楽を演奏するひとは
容姿が素敵でもない限り
まるで東京のお店屋さんのごとく
『二度目』をもらえないと思う

20130324-130425.jpg

若いころ
ちょっと気持ちがおかしくなってたのか
まじめに用意もしないで
ぐだぐだのライブを何度も何度も
してしまったことがあり
その当時『一度目』を出会ったひとが
たくさんぼくを見捨てたと思うんです

そのうちの1人と言えるひとが去年だったか
「もう観ないと思ってたけど、
偶然観ました
いまのライブならまた来ます」
というようなことを言ってくれた

前もってお友達になっていたり
前もって情報を持っていたりしない限り
こんなラッキーはきっと起きにくい

20130324-130408.jpg

外食して料理がまずかったとき
サービスが悪かったときに
怒ってるひとが多いのは
その真剣さ 大切さ
わくわくへの期待などが
大きいからなんだと思う

だとすれば公演にいらっしゃって
怒ってらっしゃるそのひとはきっと
素敵な聞き手さんだってことでも
あるかも知れませぬ
多くのひとは黙って去ってしまうのだし

たとえぼくのお客さんではなくっても…

どの公演でもその
おとろしすぎるほどに貴重な
『一度目』
である可能性があると思うと
飛行機の離陸のときみたいな
おしりの穴がふわっと
浮くような感覚に襲われるのです

そしてその感じが
すごく嫌いで
すごく好き…

関連記事一覧

コメント

  1. 『おしりの穴は二度浮くか』
    http://t.co/cB4EIRC7jz

    ぼくはげ(山作戰の駄文)
    更新しました http://t.co/LTN0ywuBm3

  2. おしりの穴は二度浮くか http://t.co/2tQSKCTc3J @山作戰さんから

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は山作戰の目にとまらず葬り去られてしまいます ご注意を!

PAGE TOP