生前奏 内部目線記録 しい鳩子編

生前奏 内部目線記録 しい鳩子編

平成二十四年五月二十八日 品川区きゅりあん小ホールで行われた
作品集『山作業』発売記念単独公演 『生前奏』の
スタッフ目線レポートです。

「生前奏を終えて…」

山作戰生前奏にお越しいただき
ありがとうございました!

鳩子のパーカッションお披露目会、
初のホールライブ、
そして待ちに待った作品集『山作業』が
間に合いレコ発ライブになり嬉かったとよー

売り場

ホールで演奏してみると、
ミュージシャンの気持ち良さがわかった。
『あー高山はこの快感が味わいたくて
音楽をしてるなぁ』と
演奏中、感じただよ。

青2

一曲目の『素材』は、
トライアングルの響きが気に入らなかったけれど、
他はまぁまぁかしら?

太鼓

太鼓演奏『やまない雨』『カラザ』は
リハーサルの時、
速くなりがちだったテンポを聴いた姉イン子が
『焦るな、気持ち「遅いかなぁ」くらいで我慢』
とアドバイスをもらったけれど、
演奏中はそんなことは一切気にせずに
大変楽しく演奏ができたとよ!

脚

気持ちは満足だけれど、
演奏は要練習、体力なさすぎさやー
アンコールの『あかねさす』
前に比べて上達したと褒められたけれど、
最後、高山が言う『うぃー』を
調子にのって一緒に口走ってしまい
途中からテンポを崩してしまったが、
最後までなんとかできただよ。
次はピアノのペダルも使い
ピアニスト鳩子になるとよ!

子鬼

このライブが3ヶ月前に決まって、
鳩子と高山は
開演直前まで不安でしかたなかっただよ。

熱唱

高山は『若くもなく、可愛くもないオジサンを観に
足を運んで会場まで来てもらうには
どうやればいいのか?』
と言ってたりして悩んでいたっけ

鳩子は、いじわるをして
『当日200人お客さんがこなかったら
山作戰は解散!』と言って
プレッシャーを与えたりしたっけ。

あかねさす

200人は当然難しいかったけれども、今回のライブで
高山は多くのファンに愛されていると感じたとよー
高山のなにがいいだかーと思っていたけれど
少しは理解できました。

青

そして、もう音楽をやめてしまえと思っていた
鳩子の気持ちも
今回のライブにお越し頂いたみなさんのおかげで落ち着き
『この人には音楽をもう少し頑張って欲しいと』
思い、これからは笑顔で見守っていこうと心に決めました。

アンコール

これから鳩子姉イン子も山作戰メンバーに加わり
山作戰 常務 しいイン子として平社員 高山の
面倒をみるように社長鳩子は任命しました。

今後とも山作戰はきっと細々と長くやっていくと
思ってますので、
みなさん山作員を増やし
最近、山作戰っていうおじさん知ってる?
って話題になるようにがんばりましょう!

一番
写真提供 さとまろさん

では、来年もきゅりあん公演お楽しみに

しい鳩子

鳩プロフ

写真提供 伊藤 賢治さん

【しい鳩子】
静岡県出身
高山堂社長 山作戰マネージャー
共同作業者。

山作戰ライブサポートで、ピアノ、打楽器演奏、
サンプラーなどの操作もする。

関連記事一覧

PAGE TOP