生前奏 内部目線記録 るぅきぃ編

 

生前奏 内部目線記録 るぅきぃ編

平成二十四年五月二十八日 品川区きゅりあん小ホールで行われた
作品集『山作業』発売記念単独公演 『生前奏』の
スタッフ目線レポートです。

「生前奏を終えて…」

入場

当日は、主にステージ袖から
念を送る役割を担わせて頂きましたが、
客席であのホールの
素晴らしい音響を
味わうことが出来なかった反面、
ホールからは見ることの出来ない目線で
本番の空気を味わうことが出来たことが
嬉しかったです。

リハピアノ

今回のライブで特筆すべきは、
やはり、その
「音」の違いではなかったでしょうか。

鳩子ピアノ

ホール自体の響きと
音響設備の調和により奏でられる
山作戰の「音楽」は、
これまでのどの演奏機会よりも深く、
広大なものに感じられ、
より心を揺り動かされるものでした。

楽団

また、ストリングスとの共演や、
ギター隊との大合奏など、
【山作戰フレンズ】と共に
生み出された「音」も、
山作戰単体の「音」とは
一味違った感動を与えてくれました。

本番うしろ

もうひとつは、「温度の高さ」。
演者の温度の高い演奏、
スタッフの熱意、観客の熱気、
当日会場に来られなかった方達の
熱い応援、
全てにおいて温度が高く、
距離感の近い
イベントだったように思われます。

ギター

これぞ、山作戰の、
音楽だけではない
「人間力」の魅力の賜ではないでしょうか。

ギター隊

これからも、
今回以上に
素敵なイベントとなることを期待すると共に、
【山作戰の輪】拡大に
微力ながらお力添え出来れば、
と思っております。

トライアングル

るぅきぃ君
【るぅきぃ】
@yoshi_rookie
秋田県横手市出身
ustream配信『ぼくなまはげ』の裏番組
『Akitchen☆(アキッチン)』のファンでありながら
山作戰のために働いていることから
二重スパイの汚名を着せられ、
汚名は返上されぬまま。

山作戰周りの人間からは
ことあるごとにいじられがちだが
まだおいしく対応できないので
みんなどんどんいじって
慣らしてあげてください。

関連記事一覧

コメント

  1. るぅきぃ君 当日はあまりねぎらいの言葉を掛けてあげることができなかったので、この場を借りて本当にご苦労様でした。二重スパイ疑惑をはらそうと、懸命に走り回る君の後姿に、僕は涙が出る思いでした。これからも二重スパイ疑惑を晴らすために日夜走り回ってください。そんな君を 僕はずっと応援しているぞ!

    • るぅきぃ
    • 2012年 7月 02日

    めけめけさん ありがとうございます!事前の準備をお手伝い出来なかったので、せめて当日だけでも・・・との思いでした。二重スパイ疑惑を晴らすべく、これからも奮闘し、ついでに少しはお肉も落ちてくれたら、と思います。今後共、宜しくお願い致しますm(_ _)m

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は山作戰の目にとまらず葬り去られてしまいます ご注意を!

PAGE TOP