失礼はフェーダーの上に

(タイトルの割に
音響のはなしでは
まったくないのこころだー)

うたが上手なひとは
多分こんなことはないんでしょうが
声について

うたう声にはぼくの場合大雑把に

安定して出せる声

という矢印と

伝えたい気持ちが乗る気がする声

という矢印がある気がするとです

成分とも言えるかな

安定して出せる声は
音程が合わせやすかったり
裏返りにくかったりする

そしてあんまり疲れない
いいことづくめにも思えるやつ
多分確かめてないけど
声楽とかで正しいと言われる
発声法にちかいんじゃなかろうか

伝えたい気持ちが乗る気がする声は
音程のコントロールが大変
裏返る危険性も増えると思う
しかもすごく疲れる
多分世で正しくないと言われる
発声方法なんじゃないか

この二つの間を行き来する
または
二つの成分のブレンド具合を
調節するフェーダーを
ときに意図的に
ときに図らずも
動かしてうたっているイメージ

両者を同時に両立する歌唱は
絶対では決してないだろうけれど
少なくともぼくには難しいことがある…

どちらか一方が強まると
どちらかの成分が減る
その絶対量は
その日の調子による気がするので
調子がいいときは
どちらの要素も増やせたりする

かたや音程が合ってなくて
声が不安定になることの印象の悪さ

かたやコツみたいなもので
うたいこなすことのうしろめたさ

両立できないときは選択を迫られるわけです

しかもそういうときはいろいろ考えてしまうと
いつもなんともないところでまで
間違ったり抜けたりしますから
もう
こうと決めたらこう!
かなりキッパリとスパッと
切り替えたいところ

この決断は
『整い』と『思い』の選択みたいなところもあり
『整い』を優先すると
不快感を与えることはあんまりなく
叱られることも減るかわりに
一部から『流してる』と言われたりする

『思い』が優先されると
『調子悪い?』みたいに言われたりするわけです

(『調子悪い?』って言われると
悪くなくても悪い気持ちになるので
うちの会社では禁止されています
一番不用意に言うのは社長です)

まあ
なにを言われても
ご希望にすべて答えられるわけではなく
余力もないわけですが
もう下手くそなのがバレバレでも
『調子悪い?』って言われてしまっても
困ったら『思い』側にフェーダーを
フルテンにしてやろうと
こんな歳になって開き直ったよ
ってだけのはなしに
長々すみません…

みんな不用意に
杉やヒノキを植えさせたやつらが
悪いんです(笑)

昨日もぼくなまはげ
観てくれたかた観なかったかた
書き込みして盛り上げてくれたかた
書き込みはしなかったけど
味わってくれたかた
みなさんほんとありがたい!!

あなたたちがいてやっと
うたっていられます

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は山作戰の目にとまらず葬り去られてしまいます ご注意を!

PAGE TOP