おれの東海道5 蒲原宿 恋人と職場で会って 他人のふりをするようなロケ

東海道が静岡に入ってからの宿場をめぐるロケ
SBSテレビの番組『Soleいいね!』の特集コーナー『俺の東海道』のロケも三島宿 沼津宿 原宿 吉原宿とめぐってついに あたしが普段くらしております街 蒲原宿の番となりました
IMG_0870.JPG
蒲原の宿場の跡はJR東海道線の蒲原駅付近にはありませんで最寄り駅は『新蒲原』
ハイキングをされてる方で一度蒲原駅で間違って降りたという方もいらっしゃいます

わたしが当選したあかつきには新蒲原と蒲原の駅名を入れ替えます!!
IMG_0868.JPG
東木戸からロケスタート

先に申し上げて置きますが 今回山作戰チーム ホームな空気に甘ったれて 大きなしくじりをしでかしました
いつしか撮ると決めて毎回撮っていた 旅でお世話になった方々との記念写真をことごとく撮り忘れたのです
IMG_0871.JPG
ところで ロケでは触れていませんが ここ蒲原宿東木戸には石製の常夜灯が建てられており 『宿内安全』と彫られております
江戸のむかし 暗くなって宿場へたどりついた方は この光を見て安堵されたことだと思います
が 考えてみたら木戸は夕方閉められているはず 入れてもらえなかったのかなぁ などと思いを馳せつつ出発です
IMG_0873.JPG
もうすっかり 一部の山作員にはお馴染みの鉄管路 今回はスルー
IMG_0876.JPG
ここへ来たかった…
この街へ住みはじめた頃から気になっていた蔵
三階建ての渋い色 門など閉ざされておらず 近づこうと思えばいつでも近づけそうなのに どこかおいそれとはそうさせない蔵にとうとう接近することになりました
IMG_0877.JPG
江戸のむかし材木商を営んだことから『木屋』の屋号で知られる 渡邊家のめずらしい三階建ての蔵!
しかも中を見せてもらえることに
IMG_0879.JPG
一階の時点で思わず息を飲む
収集の範囲がもう ただの材木屋さんの範疇(はんちゅう)を超えている…
IMG_0878.JPG
コレクションは美術的価値があるものはもちろん 気象 天文学 地図などにもおよびます
この情報量が私財として蓄えられたことがおかしい!!
IMG_0890.JPG
そして二階
オカモチみたいなものの中には 糸で閉じたたくさんの本が分類されて入っています
北側のしかけ窓を開けると 一気に空気が流れて蔵の中の換気がなされます
IMG_0881.JPG
三階で当時この資料を集めた渡邊家の日記を見せていただく

水害や地震はもちろん 異国船が沈んだはなし 彗星や隕石などのこと 月食のことなども記されており興味深すぎますし

IMG_0888.JPG

この時代に○○○を所有してるなんて…

詳しくは放送をご覧ください!!

IMG_0897.JPG

蔵へ無闇矢鱈と住み込みたい気持ちを断ち切りながら街道へ戻ります

違う特集になっちゃうからね

IMG_0898.JPGいつもご挨拶だけする先輩方とも語らい

「こないだ聞いてて思ったんだけれど ラジオのひとは流暢にしゃべるなぁ」 と言われました
一応テレビのひとのはずですが 流暢じゃなくてすみません!!(笑)

IMG_0900.JPG
続いて蒲原の老舗のひとつ 府中屋にもご挨拶
ここは美しい姐さんがやっているお店で うちの社長がすがって洗顔の仕方を教わったこともあります
IMG_0899.JPG
通り土間って素敵ですよね
昭和風情を残しすぎる店内ですこし嫌がられながら おはなし(笑)
IMG_0901.JPG

この記事の本編である 静岡6番目の宿場で 我がホームでもある蒲原の旅(?)
親しいのによそ行き顔をするような(できてないし節度はかなり低いけど)恋人と職場で会って 他人のふりをするような模様は 6月4日(木)9時55分からSBS『Soleいいね!』でご覧ください!!

IMG_0905.JPGロケのあとご飯を食べに行った丸大飯店さんで「山作戰さんですよね」とサインを求められゆるんだ変な顔をするあたくし

そしてそして 明日(5月27日水曜日)は蒲原の分の放送を待たずに 由比宿へお邪魔します
由比付近のみなさん 由比マニアの方も午前10時頃から神沢川酒造場あたりを出発しますので 偶然を装ったりすればいいだよ!!
旅のおわりは東海道の首根っこ 境目 異世界との入り口とも言われていた『薩埵峠』の予定だそうです

おたのしみにー!!

関連記事一覧

PAGE TOP