大切は伝わるのか 大切だと思えることはすごいことなのかも知れない そしていろいろ泣ける

うちの社長には
大切にしてきたものが
ないんだそうです

よくもわるくも執着がない

ご両親も優しく
無理して受験したことも
部活を必死でやったこともないそうで
ひとがなにかにすがりつくのを見ると
けらけらと笑っちゃうくらい

わかんないんだそうです

これと関係するんだと思うんですが
出会ってすぐのころの社長は
料理は上手なんだけど
作り終わったら唐突に
興味を失うひとでした

どんな皿に盛ろうが
冷めようが気にならない

パスタが出来上がって
食べる前に洗い物をしちゃう寛大さ

20130129-105432.jpg

これはご両親譲りみたいで
おかあさんも
おねえさんの音子さんもそう

いろいろな理由が述べられながら
みんなが席に着くはるか前に
美味しそうに焼けた魚が
食卓に並んで 冷めていく
炒め物も揚げ物も…

おかあさん曰く
おとうさんがどんな料理を食べても
うまいともマズイとも言わなかったそうで
おかあさんは
こだわっても張り合いがなく
いまの感じになっちゃったみたい

東京でぼくと
焼きたて 茹でたてがらみで
戦い尽くしてここへ来た社長は
『たて』を食べるひとになっていました
そこで起こるおかあさんのバトルは
さながら
嫁姑問題
文化衝突

おかあさんも社長と性格が似ていて
真っ向張り合うものだから
最初の一年弱は毎日が
鉄火場か台湾議会

いまでは焼きたて揚げたて茹でたての
三タテがかなり守られてます

ありがとうございます

20130130-164452.jpg

そんな社長が
『山作戰』
については大切だと言う

この場合の『山作戰』は
ぼく個人のことじゃなく
とりまく環境やひと
現象や活動のことだと思われますが

昔は行き詰まると軽く
『やめればいいさや』
なんて言っていたのに
いまはたとえ
大きいチャンスにつながりそうでも
変なはなし ギャラがよさそうでも
『この色がついちゃいそうだから今回はなし』
なんていっぱしなことを
言い放ったりして
頼もしい場面も増えました

少し前に社長が

『なんでこんなに
売れもしない音楽に
執着するのかわからんかっただよ』

と言ったとき

『じゃあなんでこんなに大切にしたと?』

と問うと

『大切そうだったから
大切なんだろうと思って
大切にしてる振りをしてたら
なっただよー!』

とよくわからない返事

山作戰はみなさんに
そして社長のご家族に
大事にしてもらってます

ありがとう

しかし今日は
お礼状を出すときに使おうと
社長と相談して京都で買って
大切にしていた
大文字焼きや
祇園祭の素敵なデザインの切手が
社長が出すなにかの
懸賞ハガキに貼られてました

関連記事一覧

コメント

    • 松田力
    • 2013年 1月 30日

    そういう生き方を目指すぜー!

      • 架間 太陽
      • 2013年 1月 30日

      大変さは伝わりましたw

  1. ぼくはげ
    更新しました
    http://t.co/8GeoX0gj

    『大切は伝わるのか』

  2. 途中まで少しウルウルしてたけど最後のオチで笑ってしまいましたw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は山作戰の目にとまらず葬り去られてしまいます ご注意を!

PAGE TOP