嵐を呼んだ宝塚公演から戻って来ました

山作戰です
宝塚から静岡蒲原への帰りのクルマで書いています

山作戰のLINEアカウントを試験運用中です。
友だち追加
LINEを使ったことがなかったおれと社長が ああだこうだと揉めながら なにか面白いことができないか模索中です
からんでやってください

台風21号が近づいているという情報の中での宝塚コンサート予定日が22日
その前日の21日の俺と社長は いくつかの天気予報サイトを開いては更新ボタンを何度も何度も押して 宝塚のある兵庫県が暴風域に入る時間や雨の強い時間がどんどんずれていく様を見ては「『速度を早めながら』とか言ってるのになんでどんどん到着時間が遅くなるんだよ!」なんてぼやきつつやきもきしておりました

コンサート当日の22日の午前 静岡蒲原の自宅を発つ俺と社長は
「たとえばどこかのタイミングで中止を発表しなければならない状況になっても 会場を開けてもらえるなら会場にいて お知らせを見ずに現場へいらした方や 中止の情報を伝えるすべがなく来てしまうかもしれないひと 遠方からすでに出発してらっしゃる方などを迎えたほうがよかろうなあ 迎えたいよなあ」
などと話しておりました
そのくらい日本中が緊迫する台風でしたものね

結果 企画して下さった極太喰礼さんと 会場を提供して下さったDish & Bar Baum aufさんの惜しみないご協力 そして「濡れずに会場入りすることは絶対に不可能」という無理ゲーな夜に果敢に挑んでくれた山作員諸君や宝塚の新しい聴衆のみなさんのおかげと タイミングにも恵まれまして 無事ライブを行うことができました

風がお店の扉を無理やりこじ開けようとする中 雨と風に閉ざされた中で生まれた一体感
忘れられない夜になりました
ありがとうございました

さらに今回は ライブ会場から一駅ちょっと離れたところでの打ち上げという 「みんな帰っちゃうでしょ」なパターンだったにも関わらず しかも当初タクシーで乗り合わせてガーッと濡れずに行こうぜ と言ってたのにまったくつかまらない状況で電車移動までして下さって 打ち上げも盛り上がり 宝塚から「ヤマサク春のセンまつり」へ行くことにしたとおっしゃる方が何人もあらわれ もう夢のようで…

気が抜けたおれは そのまま本当に夢のように気を失ってしまったのでした(本当に気絶しました)

「山作戰宝塚ライブ やまさくせん宝塚ごんたくせん!」
またやります
次回は荒天じゃない パンツとか濡れない日に 宝塚Dish & Bar Baum aufであいましょう!!!

無事静岡蒲原へ到着しました ありがとうございました

関連記事一覧

PAGE TOP