出来立ての作品集『山作業』のことを客観視できないくらい直後に書く

前回の作品集『山作戰』を発売したのは、2009年の1月だそうです。
たしか、作るぞと言ってから八年以上かかりました。

そのことを考えると、そのあと3年と半年弱でつぎの作品集を発売することができたのはすごいことだと思います。
今回無理して短期間で質を上げようとし過ぎたので、多分あばらとか折れたり指紋がなくなったり、畳をむしったり 少しどもったりとかしてると思います。

今回の『山作業』は前作よりさらに個人的なものになったと思います。お友達がますます減ったので、欲しい音は全部自分で演奏しなければいけませんでした。

しかも機械に演奏してもらう箇所をできるだけ排除すると決めてしまっていたので、ストリングスとフルートの音以外は全部そのとおりに演奏して録音するか、録音した波形をパソコン上で切ったり貼ったりして作りました。

うたに関しては前回の作品集のときに何に対してかわかりませんが遠慮して出さなかった感情の部分を押し出すことにしました。前回はずかしかったということはないんですが、自分ひとりの作品ではないということで、個人的な部分よりも普遍的と思える部分を優先して控えてしまったみたいです。

今回、天秤にかけるのも変なはなしですが、出 したい感情のためには少々ピッチが狂っていても構わないとすら思った。その変なテンションのせいで作業の終わりの頃にやっぱり気になって随分録り直しすることになって、ミックスが進むにつれて喉がくたびれていくという変な状態になってしまいました。それでもぼくなりにはかなり気持ちをうたに表したつもりです。

このうたの表現に対する変化はずっと都会にいたらきっとなかったと思います。弾き語りっぽい感じで曲を収録しよう なんて気にも、東京に住み続けていたら絶対ならなかったと思う。これは良い悪いじゃなくて変わっただけなんですけど、今後にも大きく関わるはなしなので自分自身 が変化のその後に注目しています。

長く自分の独りで作業していると、これがうれしいのは自分だけなんじゃないか?と不安になります。そこで録音の途中から、一緒に暮らしているバンド好きのイン子さんとマネージャー鳩子さんに聴いてもらい、意見を参考にしながら作業を進めました。最初は「わたしは素人だからわかんないけど詳しいひとはどう思うか…」みたいなことをくねくねおっしゃっていましたが、何度も通いつめ、雪の日に門の前で正座して待ち、作品の世界観を表現するのにどうしても必要だと理解してもらうことができ、やっと脱いでもらえました。

あとで気づいたんですが、逆に音楽の演奏や録音にたずさわっているひとには出来上がってマスタリングの依頼をするまで聴いてもらえてませんでした。マスタリングというのは出来上がった音声をCDにするのに適した音質に整えてもらうような作業です。

そういった意味で音楽的な部分の責任はまったくもって全部ぼくが負う感じ。
全然そうしようと思ったわけじゃないけどそうなりました。
もし評判が悪ければ腹を切ることになるでしょうし、評判が良ければきっとかなり調子にのってしまうくらいにいまの自分そのもの…。

そんな作品集です。

関連記事一覧

コメント

    • ひよ
    • 2012年 5月 02日

    脱いだのか!?

    • 2012年 5月 03日

    『山作業』パーソナルに進化、深化していて、アートとしても深化していると思います。歌と声への覚悟は前作以上。作品集発表後、実演の活動も期待しています。

    • ゴリ
    • 2012年 5月 06日

    『山作業』楽しみにしています^^
    ライブも行きますね~ 帰って来てくださいよ~(笑)

  1. 『山作業』を聴いて、最初の感想

    >このうたの表現に対する変化は~
    なるほどと思いました

    バンド的な決まり事を排除して、音の意味を再認識し、構築していく作業
    まさに山作業なんだなぁと思いました
    感心することよりも驚くことが多く

    たまげた と 疑問を繰り返しながら、それでも歌の力がグイグイと引っ張り、ベースがゴリゴリと持ち上げ、ビートがロジカルに不揃いで中毒を起こしそうになる

    どな恰好をして聴いていいのかわからない
    心地の良い居心地の悪さ
    あるべきものがないのに成立している摩訶不思議さ
    簡単には「いいね!」と言わせない納得性

    そんな言葉が漠然と頭の中にあふれ出る作品です

    • あやしげ
    • 2012年 6月 05日

    まず、一通り聴き終えての感想。
    なぜか 「カレーライス」がよぎった。(たぶん 食べたかったのかもしれない)
    こんな、カレーライスの作り方でいいの?
    できあがりは、繊細で 香り深く どこか スパイシーな 最高の
    カレーライス でした
    お客さん 食べなきゃ損よ
    おかわり 

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は山作戰の目にとまらず葬り去られてしまいます ご注意を!

PAGE TOP